この春、ガーデニングをはじめてみませんか?

コロナ禍で人気が高まっているガーデニング。「やってみたいけど、難しそう…」と思っている方も、少しの工夫で簡単に楽しむことができるんです。特に、植物が芽吹きだす春は、ガーデニングを始めるのにベストな時期。夏ほど気温も高くなく、水やりもしやすいです。ガーデニングの魅力とガーデニング初心者が知っておきたいポイントを、ガーデニングファンが数多く暮らす東京・自由が丘の園芸店 La terre×Royal Gardener’s Clubで働くスタッフさんに伺いました。


お家時間をもっと豊かに。
緑に囲まれて過ごす至福の時間


「植物が芽吹いたり、枝が伸びたり、花をつけたり――花や植物との暮らしは、季節や時間の移ろいを感じられるとても豊かなもの。日常生活の中でそんな瞬間に出会い、少し立ち止まってほっとひと息つける瞬間に愛おしさを感じますね」

こう語るのは、東京・自由が丘の園芸店「La terre×Royal Gardener’s Club」のスタッフ、鈴木朱美さん。お仕事だけでなく、プライベートでもガーデニングを行うベテランガーデナーさんです。

La terre×Royal Gardener’s Club
コラボショップスタッフ
鈴木朱美さん

「自分で育てたお花でキッチンやリビングを彩るのも楽しいですよ。生活の一部に植物があることで、お家が一気に心地のいい空間になります」(鈴木さん、以下同)

「育てる植物によっては、収穫して料理に使ったり、花瓶に生けたりドライフラワーにしたりと、様々な楽しみがあるのも大きな魅力です」

狭いベランダでも楽しめる!
コツは環境を知り、植物を知ること


ガーデニングをいざ始めようとしても「うちはマンションで庭がないから」「何から始めたらいいかわからない」とハードルが高く感じる方も多いかもしれません。

でも大丈夫! 庭がなくても、まったくの初心者でもガーデニングを楽しむことは可能です。

「お庭がなくても、プランターや鉢を使えば、ベランダでガーデニングは楽しめます。私もマンションで暮らしていた頃は、ベランダガーデニングに凝ったことがあります。お庭のガーデニングとは違った魅力があって、とても楽しかったですね」

「ガーデニングで、最も重要なのは環境にあった植物を選ぶこと。例えば、日当たりがよくて乾燥しやすいベランダには、オリーブやローズマリーなど、乾燥に強いものが育てやすいでしょう。

ただ、ベランダにしろ、お庭にしろ、お宅によって環境が異なりますので、一概にこれがよいとはいえません。まずは日当たりや風通し、水はけなど、ご自宅の環境を把握することが大切です。また、育てる方の知識や技術、ライフスタイルにあった植物を選ぶことも重要です」

・・・・

初心者にもおすすめ ベランダで育てたい植物


「はじめて植物を育てる方には、乾燥に強く、育てるのに手間がかからないものを選べば失敗も少ないと思います。たとえうまく行かないことがあっても、トライや失敗から学ぶこと自体も楽しめますよ」(鈴木さん)
鈴木さんに、ベランダで育てるのにおすすめの植物をいくつか教えていただきました。

・オリーブ

・ローズマリー

他にも…
・リューカデンドロン
・ウェストリンギア
・ディエティス

・・・・

道具選びもガーデニングの楽しみのひとつ


お気に入りの道具を揃えるのも、ガーデニングへのモチベーションを上げるひとつの方法です。じょうろ、はさみ、バケツなど、最近ではおしゃれなデザインの商品もたくさんあります。

「一番初めは、剪定用のはさみと植え替え時に使うスコップ、土を混ぜたりするのに便利なバケツ、そして水やりに使うホースかじょうろがあれば十分。ホースとじょうろ、どちらが適しているかは、お庭の広さや育てる植物の数によって変わってきます。広い範囲にたっぷり水をまくならホース、局所的に水をあげるならじょうろがぴったりですよ」

ガーデニングを楽しくする!
基本の道具12選

1.ホースリール 2.霧吹き 3.鉢 4.じょうろ 5.ちりとり 6.手袋(下にゴム手袋を重ねると、爪の間に土が入りづらい) 7.剪定ばさみ 8.カマ 9.山菜掘りナイフ 10.ほうき 11.土入れ  12.スコップ

ホースリールとじょうろは、Royal Gardener's Clubブランドのもの。使いやすさに加え、スタイリッシュなデザインとシックな色づかいで大人気です!


気候が穏やかで、植物に強い生命力が宿るこれからの季節は、ガーデニングを始めるのにもってこい。今年の春はぜひガーデニングをはじめてみてはいかがでしょうか?

\おしゃれなホースリールとじょうろでガーデンを彩ろう!/

詳しくはネットストア

関連記事

upgrade